希望の車いす

希望の車いすは海外で車いすを必要としている方を支援するNPO法人です。

  • Japanese
  • English
03-5934-4004
お問い合わせ

テレンス君  フイリピンレポート

希望の車いすは5年前テレンス君に車いすを寄贈しました。

その時の車いすが小さくなり、今回体に合う、移動に便利なバギータイプの車いすを贈りました。

テレンツ(Terrenz Lukas Leyva)は、パヤタス地区の脳性麻痺10歳の男の子です
パヤタスはケソン市のゴミ集積場があり、毎日数千トンのゴミが運び込まれる約774ヘクタールの地区です。

その集積場の周辺には約1万人の低所得者層が居住しており、住民の2~3割の人々はリサイクルできる資源を換金することで生計を立てています。

テレンツの産みの母親はテレンツの障害がはっきりすると所在がわからなくなりました。

ネアという女性が脳性麻痺(CP)という障害を理解した上でテレンツを引き取りました。ネアは日本で芸能活動をしていたこともあり、ダンスのインストラクターをしています。
テレンツはフルタイムケアを必要としていたので、ネアは芸能人としての仕事を辞めました。ネアがクリスチャンになってテレンツを世話するようになり、彼女の人生は変わりました。5年経った今も、ネアとテレンツは一緒に住み、ネアはテレンツの世話をしています。

 

ボランティア参加の
お申込みはこちら

お電話ではこちら
03-5934-4004
YOUTUBE

皆さまのおかげで
2019年7月10日の時点で
2417台
をお届けしました

ボランティア
スケジュール

7月
 次の月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

オレンジ色:ボランティア実施日

Facebook

トップページへ

Copyright©希望の車いす All right reserved.