希望の車いす

希望の車いすは海外で車いすを必要としている方を支援するNPO法人です。

  • Japanese
  • English
寄付募集
お問い合わせ

フィリピンレポート:レイナルド・ミラブエノさん

レイナルド・ミラブエノさんは、精神疾患のある25歳の青年です。以前は教会の青年部のメンバーとして、また日曜学校の先生として、積極的に活動していました。

2014年には、政府系の技術技能担当局TESDAの奨学金を獲得し、 パンとお菓子作りの資格で金賞を獲得したほか、マッサージの技術も取得しました。

その後、印刷会社に就職し、精神障害者年金と合わせて、そこそこの給料をもらえるようになっていました。

彼はある日、襲われ脊髄を損傷し、歩行が難しくなりました。、

2021年10月、彼がバスに乗っていたとき、見知らぬ男たちに襲われて橋の上に投げ出され、お金と身分証明書をすべて奪われたそうです。彼は意識不明で警察に発見され、一番近い政府病院に運ばれ、損傷した脊髄の手術が行われました。

レイナルドの母親は現在65歳で、以前は衣料品工場で縫製工をしていました。父親は2016年に亡くなりましたが、腕のいい椅子張り労働者でした。

タガログ語で書かれた彼からのお礼の手紙です。

希望の車いすの関係者の皆様へ

私は車いすを頂いたレイナルド・M・ミラブエノです。車いすを無償で提供していただき、ありがとうございます。私と、私の介護をしてくれている高齢者の母にとって、大きな助けとなりました。いつの日かまた歩けるようになることを願っています。皆さんの優しさで、私のような人がもっとたくさん車いすで助けられますように。

心から感謝します。

 

ボランティア参加の
お申込みはこちら

お電話ではこちら
03-5934-4004

皆さまのおかげで
2022年7月26日の時点で
2875台
をお届けしました

ボランティア
スケジュール

           
               

緑字:ボランティア実施日。

           
Facebook

トップページへ

Copyright©希望の車いす All right reserved.